フィジーでお土産にラム酒を買うなら空港の免税店がおすすめ

フィジー ラム酒

海外旅行に行ったら、その国ならではのお土産を買って帰りたいですよね。

フィジーのお土産といえば、Pure Fijiに代表されるような天然成分100%のコスメ、健康食品として知られるノニのジュースや石鹸、ミネラルウォーターのFiji Waterあたりが有名です。

Fiji Water

fiji water

ノニのジュース

フィジー ノニ

そんな中、実はフィジーは美味しいラム酒の産地としても有名なんです。そしてフィジーでしか買えないブランドも。ここではフィジーのラム酒とその購入方法について紹介します。

フィジーのラム酒

ラム酒の原料はサトウキビです。フィジーはイギリスの植民地時代に連れてこられたインド人によるサトウキビ栽培が今では国の基幹産業になっています。そんな豊富なサトウキビを使ってラム酒も生産されているわけですね。

フィジーのラム酒にはいくつかのブランドがあります。

Bounty

フィジー bounty

フィジーのラム酒といえばBoutyが有名です。日本には輸入されていないので、希少性も高いお酒です。空港にはいろんなサイズ、熟成年数のものが売られています。

フィジー bounty

そしてRUM CO. OF FIJIが生産するのがBATIとRATU。1980年創業のラム酒メーカーで、何度も表彰を受けています。

フィジー ラム酒

BATI

フィジー ラム酒

RATU

フィジー ラム酒

BATIより熟成年数が長い分少しお値段が張るのがRATUです。

どこで買えるのか

フィジー産のラム酒は町のスーパーに併設されている酒屋で買うことができますが、おすすめの購入場所は空港の免税店です。免税品店というと、免税になる一方で定価が少し高く設定されて実際は安くならないということも多いのですが、フィジーのナンディ国際空港の免税店は街中で買うより安くなっていました。

さらに、空港の免税店で買うとこちらのようにセット購入で割引が受けられるので、何本か買って買える人は特に空港で買うのがおすすめです。

こちらは3本セット。1本FJ$65のところ、1本あたりFJ$15割引で購入することができます。(1FJ$=約50円)

フィジー ラム酒

ちなみに免税店にはお酒に限らずたいていのお土産ものは置いてあります。

Kavaの粉末

フィジー kava

フィジー産のコーヒー

フィジー コーヒー

日本人の夫妻が生産するフィジー産チョコレート

フィジー チョコレート

旅行の最後に免税店でお土産探しを楽しんでくださいね。


おすすめの旅行用リンク

ホテル:Booking.com
Booking.com経由で5回宿泊するとGenius会員になり、ホテルが10%オフになったり、朝食が無料でついたりとお得です。最近はどの検索サイトも同じ料金のことが多いので、こうした特典があるとお得ですね。

ちなみに、Booking.comカードなるものもあり、年会費無料でポイント還元率1%、国内・海外の旅行保険無料付帯と条件も良いので申し込んでも良いかもしれないですね。今ならGenius会員権がもらえて、さらに3000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中です。

航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

フィジー ラム酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。