【保存版】ハワイ旅行の宿泊費をできるだけ安く抑える方法

ワイキキ airbnb

ハワイはリゾート地かつ物流コストのかかる島ということもあり、物価がものすごく高いです。アメリカの全州の中では、サンフランシスコ州に続いて二番目の物価水準となっているとのこと。

当然、宿泊費も高く、必要最低限の設備のホテルを予約するにしても1泊2万円以上という状況です。ヨーロッパでさえ、2万円あればそれなりに良いホテルに泊まれますね。

せっかくリゾートに来たのだから、高いお金を払って良いホテルに泊まるという考え方もありますが、わたしの場合は、約2週間のハワイ旅行を予定していたので、いかに宿泊費を抑えるかが大きな問題でした。

ハワイの宿事情についてはある程度調べ上げたと思いますので、そこでわかったことをまとめたいと思います。この記事では、わたしの個人的なおすすめ順で宿泊費を安くする方法を紹介します。

Airbnbを利用する

ハワイにはワイキキビーチ周辺を中心に、別荘用のコンドミアム(簡易なキッチン付きの部屋)がいくつもあり、多くの部屋がAirbnbで貸し出されています。

例えば、ワイキキビーチ周辺で利用可能な部屋を検索するとこれだけの部屋が表示されます。

Airbnbでも平均価格は相当高いのですが、1泊1〜1.5万円くらいから予約可能な部屋も出てきます。清掃料金が設定されている部屋が多いので(またこの清掃料金が相当高いのですが)、料金を見るときは総額表示でご確認ください。

わたしは、2泊で400ドル程度の部屋を利用しましたが、眺望も良く、また部屋の広さや設備も申し分なかったです。

ハワイのAirbnbの多くは、個人が部屋を貸し出す民泊というよりは、宿泊事業者や、部屋の運用に本業として取り組む個人が出している部屋なので、清掃はしっかりされていますし、やチェックイン・チェックアウトの連絡もスムーズです。

ホテルのスタッフにもてなされたいということでなければ、Airbnbはとても良い選択肢だと思います。

最安圏のホテルに泊まる

残念ながら、次の選択肢は、シンプルに最安値圏のホテルに泊まるというものになります。最安値圏のホテルで1泊100〜150ドルからという相場感です。ヨーロッパだと1泊20ドルくらいのドミトリーがいくらでもあるのですが、ハワイには安宿はほとんどありません。

最安値圏のホテルに泊まるときは、ホテル予約サイトやGoogleの口コミをチェックして、お部屋やサービスのクオリティが受け入れられるかチェックしてみてくださいね。お部屋については、写真ではきれいに見えた部屋が、実際は古びた部屋だということはよくあります。

いくら予算を節約するためとはいえ、我慢できないほどの辛い体験にならないようにご注意くださいね。

私は、ワイキキビーチ徒歩圏内のホテルで最安圏のものを探している中で、Hyatt Place Waikiki Beachというホテルに泊まったことがあります。それでも1泊3万円近くしました。このホテルはGoogle上の口コミ評価が悪くやや心配だったのですが、Hyatt系列なら問題ないだろうということで予約。結果、お部屋自体は許容範囲でしたが、バスタオルが品切れで部屋に置いていなかったり、そのことをスタッフに伝えると悪びれもせず、ビーチ用のタオルを使ってくれと言われたり。。サービス品質がとても低いということを経験しました。

キャンプサイトに泊まる

レンタカーを借りて移動する予定のある方は、キャンプサイトに宿泊するという方法もあります。Airbnbにも、キャンプサイトや、自宅の庭に張ったテントまたは、自宅の庭の「スペースのみ」の掲載もあります。これだと1泊50ドルくらいからあるので、予算を切り詰める場合は選択肢になり得ると思います。

車中泊する(非推奨)

レンタカーを借りる場合、車中泊を考えることもあるかと思います。実際にわたしも、宿泊費の高さに驚き、いっそのこと車中泊をしてしまおうかとも考えました。ただ、ハワイではキャンプサイトや私有地以外での車中泊は禁止されているはずです。

また安全面で言っても、車中泊していて襲われたとなったら目も当てられませんので、車中泊はやめておきましょう。疲れが溜まり、せっかくの旅行が楽しめなくなってしまいそうです。

ポイント還元率の高いサイト経由で予約する

ホテルに泊まる場合は、安いホテルでも高級ホテルでも、複数の予約サイトでポイント還元率の高いところから予約しましょう。ホテルの予約サイトにはExpediaやagoda、楽天トラベル、じゃらんなど様々な選択肢があますが、宿泊費自体はどこも同じということが増えているように思います。

その中で差が出るとしたら、ポイント還元くらいですが、これが実は割と大きかったりします。例えば、1泊200ドルくらいのワイキキビーチ近くの宿に宿泊したときは、楽天トラベルのみ10%のポイント還元がありました。

宿泊費が高額なだけに、数%のポイント還元の影響も大きくなりますので、どのサイトを経由するとお得なのかはよく調べてみることをお勧めします。

おすすめの旅行用リンク

ホテル予約:Expedia(エクスペディア)
テレビCMでもお馴染みのホテル予約から航空券、レンタカー、アクティビティの予約まで可能なサービスです。ポイント還元率も比較的高く、私も海外旅行に行く時によく使っています。

■国内線・国際線航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必z須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。