グアテマラでSIMカードを買うならClaroがおすすめ

グアテマラ SIMカード

海外旅行先でSIMカードを購入して、ネット回線を確保すると何かと便利ですよね。私自身も最近海外旅行に行く時はSIMフリーのiPhoneに現地のSIMカードを挿してネットが使えるようにすることがほとんどです。

グアテマラでも当然、現地でSIMカードを購入して通信回線を確保することができます。この記事では、グアテマラでSIMカードを買える主な通信会社の紹介と、その中でもおすすめの会社を紹介します。

グアテマラで買えるSIMカード

グアテマラの主な通信会社といえば、「Claro」と「Tigo」の2つです。

Claro

Claroは中南米のほとんどの国の通信網をカバーしています。グアテマラに2週間滞在している間にも一番目にする通信会社です。日本で言えばNTTドコモのような存在でしょうか。

アンティグアのスーパー内にあるClaroショップに貼ってあった価格表はこちら。

グアテマラ SIMカード

私の場合は、ちょうど滞在期間が2週間だったので、15日間有効・6GBのものを購入しました。Q50なので、2022年5月当時のレートで900円くらいです。

Tigo

中米で普及している通信会社。Claroと同じようにグアテマラの町中に看板が出ていて、そこでSIMカードを買ったり、通信容量をチャージできるようです。Claroの方が目にする機会が多く、エリアカバー率が高いんじゃないかと思います。

どこで買えるのか

どちらの通信会社のSIMも街中のいたるところで買うことができます。小さな商店から電気屋、スーパーまで、会社のロゴの看板やポスターが貼ってあるところなら大抵扱っています。

ただ、個人的におすすめなのは日本でいうドコモショップのような、現地のClaroの専門店やスーパーの特設コーナーで購入することをおすすめします。というのも、主に中米で使われている通信会社というだけあって、パッケージも、SIMカードを挿したあとに届くショートメッセージもスペイン語なので、たいていの人にとっては操作方法がわからないと思います。

専門のショップで購入すれば、その場でSIMカードを挿して初期設定までしてくれます。

あと、私がSIMカードを買ったときに、正しく設定したはずなのに通信が有効化されず、結局は新品のSIMカード自体に問題があったということがありました。その時は専門店で購入したので、すぐに別のSIMカードで再設定してもらうことができました。こういったサポートの面でも専門店が安心だと思います。

アンティグアのスーパー「La bodegona」内にClaroのショップがあります。南側の入り口を入ってすぐ左に位置しています。

お店の入り口から店内を見るとこんな感じ。

グアテマラ SIMカード

価格表はこちら。

グアテマラ SIMカード

英語の案内もあります。

グアテマラ SIMカード

チャージは簡単

SIMカードを購入した後のチャージは簡単です。購入したSIMカードの通信会社のロゴが出ている店に行って、チャージをして欲しいということを店員さんに伝えるだけです。

私がチチカステナンゴの小さな商店でチャージをお願いした時は、自分のスマホを操作するのではなく、携帯電話の番号だけ伝えると、店員さんのスマホでチャージの操作をしてくれました。

チャージが環境するとショートメッセージでその旨のメッセージが届きます。これもスペイン語ですが「20GB」などとチャージされた容量が書いてあるので、なんとなく内容はわかるでしょう。

2週間のグアテマラ旅行に関する記事をこちらで紹介しています。

おすすめの旅行用リンク

国内線・国際線航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

ホテル:Yahoo!トラベル
コロナ禍で海外旅行に行くことが出来ない中、国内旅行の予約サイトでおすすめしたいのがYahoo!トラベルです。もちろんじゃらん、楽天トラベルも良いのですが、後発のYahoo!トラベルは会員数を伸ばすためにポイント還元キャンペーンをしていることが多く、じゃらんや楽天と比べてもお得であることがよくあります。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。