民芸品好きにはたまらない!チチカステナンゴの市場に行ってきた(グアテマラ)

チチカステナンゴ

グアテマラといえばカラフルな織物や民芸品が有名ですよね。旅行に訪れたときには、ゆっくりと民芸品を見て買って帰りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが「チチカステナンゴ」という町の国内最大級の露天市です。この記事ではチチカステナンゴの露天市への行き方と、実際に訪れてみた様子を紹介します。

チチカステナンゴとは?

チチカステナンゴとは、グアテマラシティやアンティグアから車で3時間くらい北西に向かった場所にある町で、巨大な露天市で有名です。毎週木曜日と日曜日に開催される露天市には、周辺の村から数万人の先住民があるまり、食品や日用品、そして観光客にも人気のグアテマラらしいカラフルな織物や雑貨が並べられます。

織物や雑貨が好きな人は1日見ていても飽きないくらい市場は大きくいろいろな商品が並んでいます。

場所はこちらをご覧ください。

行き方

旅行者がチチカステナンゴに行くルートとしては、①グアテマラシティ・アンティグアから②アティトラン湖からの2つが多いと思います。それぞれの移動方法を紹介します。

グアテマラシティ・アンティグアから

グアテマラシティからは、公共バスが20分に1本程度と頻発しています。所要じかんは3時間程度、料金は20〜40Qです。

アンティグアからは、旅行者向けのシャトルバスが運行していて、所要時間は3時間程度、料金はUS$15〜25$です。

私の場合は、アティトラン湖のパナハッチェルから移動したので、上の二つの行き方については実際には体験していません。

アティトラン湖から

アティトラン湖周辺の町からはシャトルバスが出ています。

パナハッチェルからは、木曜日とに日曜日の露天市に日帰り観光するためのシャトルバスが出ています。午前8時ごろに出発して9時過ぎにチチカステナンゴに到着し、14時ごろに帰りの便がチチカステナンゴを出発する往復のシャトルバスが出ています。片道の所要時間は1時間〜1.5時間、料金は往復でQ150。

私の場合は、パナハッチェルからチチカステナンゴに移動したあとに、パナハッチェルに戻らずにセムクチャンペイにいきたかったので、片道だけチケットを購入しました。

ちなみに、片道チケットを買うときは旅行代理店によって料金が異なりました。一番安いところで、往復Q150の半分のQ75でしたが、代理店によってはQ125と言われることもありました。

グアテマラでシャトルバスの料金が代理店によって大きく差があることはなかったのですが、このときだけは割と差が大きかったので情報共有です。(片道分が空席になってしまうので高くしたくなるのはわかりますが)

アティトラン湖の周辺でいえば、サン・ペドロ・ラ・ラグーナからもバスが出ているというブログ記事も目にしましたが、かなり道が悪かったとの情報もあります。パナハッチェルからチチカステナンゴへの道は平坦で快適でしたよ。

実際に行ってみた

それでは、実際にチチカステナンゴの市場に行ったときの様子を紹介します。

シャトルバスを降りると早速市場に続く道が見えてきました。グアテマラらしいカラフルな布製品が並べられています。

チチカステナンゴ

全体的に多いのは、こんな感じの布製品を売るお店です。

チチカステナンゴ

どのお店も、商品を眺めているとお店の人がスペイン語で話しかけてきます。商売っけの強いところは、英語で「いくらなら買うんだ?」としつこく聞いてきますが、だいたいの店は声はかけてくるものの、そこまで押しは強くなく、ゆっくり商品を見ていることができました。

言語については、「How much?」は通じても、金額を英語で教えてもらうのは難しいということが多かったので、スマホの電卓を渡して数字を入力してもらうのがスムーズだと思います。もちろん、スペイン語の数字の読み方を覚えるということでもいいですね。

チチカステナンゴ

ちなみに、値段についてはどのお店でも最初は高めに言われます。外国人だからというのもあるでしょうが、そもそも定価をあまりつけない商習慣で、現地人同士のやり取りでも値交渉が前提になっているのではないでしょうか。ちょっと実際のところはわかりませんが。

いくつかマットやポーチを買いましたが、感覚的には言い値の半分から4分の3くらいが相場という感じがしました。それ以上値切ろうとすると、お店の人も諦めてしまいます。

あまり他の地域では見なかった鞄も。たしかQ100くらいだったと思います。

チチカステナンゴ

可愛らしい刺繍のマット。

チチカステナンゴ

ミトン。デザインは良いと思いましたが、布の材質的に鍋の取っ手を持ちづらそうだったので買いませんでした。

チチカステナンゴ

これは子供用の靴です。Q17なので、300円くらい。

チチカステナンゴ

野菜や果物を売るコーナーもあります。これは体育館のような建物内に設置された生鮮品売り場。

チチカステナンゴ

上から見た方がわかりやすいでしょうか。

チチカステナンゴ

この建物の2階にはゲームセンターがあります。昭和の雰囲気の漂うスロットマシーン。現地の若者が遊んでいました。

チチカステナンゴ

サント・トマス教会。市場の中にありますので、自分がどこにいるかを確かめるための目印にすると良いと思います。チチカステナンゴの見どころといえば、市場を除いてはこの教会くらいです。

チチカステナンゴ

翌日金曜日の市場はこの通り。毎週木曜と日曜以外は、多くの店が閉まっています。木曜日と日曜日以外にチチカステナンゴに行っても、それほどやることはないと思います。

チチカステナンゴ

いかがでしたでしょうか。アンティグアやアティトラン湖からもアクセスのしやすいチチカステナンゴ。旅程に1日くらいの余裕があれば、ぜひ訪れてみることをおすすめします。

2週間のグアテマラ旅行に関する記事をこちらで紹介しています。

おすすめの旅行用リンク

ホテル予約:Expedia(エクスペディア)
テレビCMでもお馴染みのホテル予約から航空券、レンタカー、アクティビティの予約まで可能なサービスです。ポイント還元率も比較的高く、私も海外旅行に行く時によく使っています。

■国内線・国際線航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必z須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。