オマーンで使うSIMカードはマスカット国際空港の自動販売機で「Omantel」のSIMカードを買うのがおすすめ

omantel

オマーンで使うSIMカードはマスカット国際空港で買うことができます。主な通信会社はオマーンのNTTドコモとでも言えそうな「Omantel」、そして日本でも社名をよく聞く「Vodafone」の2社がメインの通信会社です。

空港の預け荷物の受け取りエリアの出口付近に2社のSIMカードの自動販売機がありますが、わたしの場合はなんとなく国産の方がサービスが安定していそうに感じたのでOmantelを選びました。

実際に街中でもOmantelの看板を見ることが多く、現地での普及度はOmantelの方が高いように感じました。

この記事ではOmantelのサービスとSIMカードの買い方を紹介します。

Omantelとは

オマーンで最初の電気通信会社で、株式の51%を国が保有しています。全部ではないにしても実質的には国有企業ですね。

料金

3つの料金プランがありました。1週間以内の滞在ならTourist-5で十分かなと思います。

Tourist-5
データ:5GB+最初の1日使える1GB
通話:50分
期間:10日間
料金:5OR + Tax(約1700円)

Tourist-10
データ:12GB+最初の1日使える1GB
通話:75分
期間:10日間
料金:10OR + Tax(約3400円)

Tourist-Unlimited
データ:無制限
通話:100分
料金:20OR + Tax(約7000円)

SIMカードの購入方法

自動販売機で英語のガイダンスに従ってプランを選び、カード決済するだけなのでとても簡単です。

預け荷物受け取りエリアから到着ロビーへのドアを抜けるすぐ直前にOmantelとVodafoneの自動販売機があります。写真はOmantelのSIMカードの販売機です。

omantel

使い方は簡単で、必要なパッケージを選択してカードで決済するのみです。現金は使えません。

omantel_plan

設定方法

iPhoneであれば、SIMカードを入れるだけで設定が完了します。OSのバージョンによっては何か設定が必要かもしれませんので、その点のみご了承ください。

オマーンでは、マスカット以外にニズワやスールなど他の街にも行きましたが、どこでも問題なく通信することができました。

ちなみに、今回、日本からマスカットまでオマーン航空で移動しましたが、マスカット国際空港で飛行機から降りるときに1日だけ利用可能な1GBのSIMカードをもらいました。

もしちゃんと使えたらこの上なくありがたかったのですが、アクティベートのためにはネットに繋ぐ必要があり、マスカット国際空港到着時に利用可能な無料Wifiがなかったので、このSIMカードを使うことはありませんでした。

oman_sim

マスカット国際空港には無料Wifi自体はあるのですが、利用するためには専用機器(キヨスク)からパスワードを発行する必要があり、到着ロビーには専用機器はなかったと思います。

おすすめの旅行用リンク

ホテル予約:Expedia(エクスペディア)
テレビCMでもお馴染みのホテル予約から航空券、レンタカー、アクティビティの予約まで可能なサービスです。ポイント還元率も比較的高く、私も海外旅行に行く時によく使っています。

■国内線・国際線航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必z須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です