パキスタンのSIMカードの買い方(デバイス事前登録は不要!)

zong4g

海外旅行に出かけた時に現地のSIMカードを手に入れることができればスマホで地図や情報を調べることができて、旅がずっと快適になります。

パキスタンでももちろんSIMカードを購入することはできるのですが、通信会社選びやお店選びにちょっとした注意が必要なので、ここで紹介しておきます。

PTA(パキスタン通信局)へのデバイス登録は必要?

2018年10月以降、パキスタン国外から持ち込んだデバイスで現地SIMカードを使う場合は、事前にデバイスをパキスタン通信局に登録することが必要となっています。ちょっと面倒ですよね・・

これ、結論から言うと、登録しないで使うことができるので、あまり気にしなくても大丈夫です!

と言うのも、現地の通信事業者の販売店舗でSIMカードを買いたいことを使えると、短期滞在であればお店の人がお店にあるスマホなどでSIMをアクティベートした上でSIMカードの設定操作をしてくれます。実際にどんな操作をしているのかはわかりませんが、とりあえず日本から持ち込んだ自分のデバイス登録無しにSIMカードを有効化して通信できるようになります。

なので、お金とパスポートとスマホだけ持っていけば特に難しいことはありません。2019年7月時点での情報なので、今後ルールが変わる可能性があることはご承知ください。

パキスタンの通信会社

日本にもドコモ、au、ソフトバンクと複数の通信会社があるようにパキスタンにもいくつか通信会社があります。その中でも有名で、実際にみなさんが旅行の時に使うことになるのはこちらの2社ではないでしょうか。

Zong 4G

zong4g

民間の通信会社で、フンザのような一部地域を除く広い地域をカバーしています。ラホールとイスラマバードでは一番よく見かけました。
公式HP:https://www.zong.com.pk

SCO 4G

sco 4g

こちらは政府運営の通信会社です。フンザを含む北部の山岳エリアをカバーしています。フンザではZong 4Gは全く使えなかったのでSCO 4GのSIMカードはとても重宝しました。
公式HP:https://sco.gov.pk/mobile/

sco4g カバーエリア
SCOのカバーエリア

一応フンザ の主要部はカバーされているのですが、それでも通信できる場所とできない場所があり、例えばカリマバードでもある場所ではLTEが届くのにある場所では一切電波が入らないと言うこともありました。

フンザは停電が多いですし、ホテルのwifiも時間帯によってスピードがまちまち(基本はとても遅い)なのでスマホで直接モバイル通信ができると便利でした。

それぞれ実際に購入して使うことがあったので、その流れを紹介しておきます。

イスラマバードでZong 4GのSIMカードを購入

イスラマバードやラホールであれば取扱店舗を簡単に見つけることができます。Google Mapで「Zong 4G」と検索すると「Zong 4G francise」というのが出てくるので、そのどれかに行きます。

おそらく多くの人にとって便利なのが、ピーワルダイのジェネラルバススタンド(NATCOのフンザ行きのバスが発着)から徒歩5分くらいの場所にあるこちらの店舗です。

店舗の外観はこちら。

お店の人にインターネットが使えるSIMカードが欲しいというと、いくつかプランを紹介してくれます。通話+ネットとネットのみの2タイプがあったのですが、電話番号はまず使わないだろうと思いネットのみのものを選びました。

その中でも容量によって値段が違っていて、私は1ヶ月18GBのものを買いました。7-800ルピー(500円-600円)くらいだったように思います。

SIMカードはこんな感じ。

スマホを渡せばお店の人がその場で使えるようにしてくれます。持ち物は、お金と携帯とパスポート。パスポートがないとおそらく買えませんので注意してください

イスラマバードで使った限りでは、特に通信できないことはなくLTE回線で快適にブラウジングできました。

フンザエリアでSCO 4GのSIMカードを購入

事前情報では、カリマバードのゼロポイント付近にある商店でSIMカードが帰るということだったのですが、1日目に訪れた時は品切れだと言われ、その翌日訪れた時は「外国から持ってきたデバイスで使うなら販売店に行った方が良い」と言われ。。結局アリアバードの販売店に行くことにしました。

場所は地図のピンのあたりなのですが店舗名で正確に特定することができません。

お店の外観はこちら。道路沿いにあるので道を歩いていて見落とすことはないと思います。SCOでSIMカードを買いたいんだと言えば、誰かしら場所を教えてくれるはずです。

カリマバード からSUZUKIでアリアバードに来た時は、来た道からさらに前進する(ギルギット方面)方向で5分ほど歩くとお店付近に着くはずです。

お店の中にSIMカードの料金表があります。それほど高くもないので、念のため10GB・550ルピーのプランにしました。もしフンザ 滞在中に動画を観たりビデオコールをしたりするつもりであれば10GBくらいあると安心ですかね。5日間の滞在で実際に使ったのは3GBくらいです。

sco 料金表

初期設定はお店の人が全部してくれました。この時もZong 4Gと同じでデバイスの事前登録は必要ありませんでした。

sco店舗

SIMカードはこちら。

sco

フンザ エリアではZong 4Gは全く通じなかったので、ネットが使いたければSCO 4GのSIMは必須です。通信状態でいうと、アリアバードであれば一応LTEも入ったりするのですが時々急に電波が弱くなったり全く通じなくなったりと不安定です。

カリマバードではさらに通信速度が遅くなったり、圏外の場所が増えたり。ただフンザ エリア全体で停電が多いので、停電中でも使えるインターネットSIMがあるととても便利です。

その他、パキスタン関連の記事はこちら

■おすすめの旅行用リンク

ホテル:Booking.com (こちらから予約で2,000円のキャッシュバックあり)
サイト自体使いやすく、また5回以上宿泊するとホテルによっては10%の特別割引適用されるGenius会員になることができお得です。

航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

zong4g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。