ハノイ・ノイバイ国際空港から市内への行き方

ハノイ

ハノイ・ノイバイ国際空港からホーチミン市内中心部までは約30km。空港から市内への主な移動方法は3つあります。

タクシー

メータータクシー

到着ロビーを出て左側にメータータクシーの乗り場があります。市内までは行く場所によりますが、例えばハノイ駅周辺までなら約45万ドン(約2100円)です。所要時間は35分程度。

白タクや、メータ周辺に運転手の写真入り社員証のないタクシーはトラブル多発のため絶対に乗らないことをおすすめします。

空港からのメータータクシーはぼったくりも多いそうなので、不安な方は到着ロビーで定額タクシーを手配すると安心です。到着ロビーにあるハノイ・ツーリズム・インフォーメーションで手配してもらうことができます。旧市街まで1台50万ドン(2,260円くらい)。

メータータクシーについて、配車アプリの普及に伴ってメータータクシーの質が悪化していて、地元の人でもメータータクシーは避けるようになっているそうです。良心的なドライバーがGrab等を使った営業に切り替えているからでしょうかね。

Grab(配車サービス)

東南アジアで普及している配車サービスGrabはベトナムでも使うことができます。空港から市内の旧市街まで約30万ドン(約1350円)。配車サービスを使えば、行き先を説明する必要もなく、決済もアプリで完結するので便利ですね。

エアポートミニバス

到着ホールの出口を出て目の前の車道を渡って、左手に進むと、ベトジェット・エアのミニバス乗り場があり、ここから空港と市内を結ぶエアポートミニバスが運行しています。市内までは所要約40分。到着場所はクアンチュン通りのベトナム 航空オフィス前。料金は4万ドン(180円くらい)と安いです。1時間に1本程度出発していて、乗客が集まったら出発するシステムです。市内から遠い場所でなければホテルまで送ってくれるのが便利です。

安くて便利なエアポートミニバスですが、トラブルも頻発しています。指定のホテルまで連れて行くのに追加料金を請求された、師弟と全く違う場所で下されるということがあるようです。乗る前にドライバーに行先や料金をしっかり確認しましょう。

路線バス

路線バスの7,90,109番、ツーリストバスの86番が空港と市内を結んでいます。目的地に応じて路線を使い分ける必要があります。

短期滞在ならGrab一択

2泊3日等の短期滞在であれば、できるだけ移動時間は減らしたいし、トラブルも避けたいはず。それであれば、無理に節約のためにバスに乗るよりはタクシーを使ってしまうのがおすすめです。

その中でもGrabを使えばボッタクリや行先間違いのリスクも減らせるので、一番良い選択肢ではないでしょうか。

ベトナム人の生活に触れるためということで、片道はバスに乗るのも楽しそうですね。


おすすめの旅行用リンク

ホテル:Booking.com
Booking.com経由で5回宿泊するとGenius会員になり、ホテルが10%オフになったり、朝食が無料でついたりとお得です。最近はどの検索サイトも同じ料金のことが多いので、こうした特典があるとお得ですね。

ちなみに、Booking.comカードなるものもあり、年会費無料でポイント還元率1%、国内・海外の旅行保険無料付帯と条件も良いので申し込んでも良いかもしれないですね。今ならGenius会員権がもらえて、さらに3000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中です。

航空券:スカイスキャナー(Skyscanner)
複数サイトから一番安い航空券を探すことができるのと、複数都市を周遊する航空券を探すときに重宝します。まずはこちらで検索してから各社のサイトを見ましょう。

■旅行にオススメの無料アプリ
海外旅行に必須!Google Mapの「オフラインマップ
行ったことがある国を記録できるアプリ「been
中国やイランでfacebookやLINEの利用制限を回避するアプリ「VPNネコ

ハノイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。